痛みのピークはいつ?

痛みのピークはいつ?

インプラント手術は、局所麻酔をして行いますので、通常は痛みがほとんどありません。手術の緊張や不安といったストレスを軽減するために、「静脈内鎮静法」が併用される場合もあります。 局所麻酔だけであれば、術後2時間くらいから、静脈鎮静法の場合は、3~4時間ほどで麻酔が切れるため、痛みが始まる目安がわかるかと思います。

基本的に、インプラント手術が体に与えるダメージは抜歯程度だといわれていますから、それほど強い痛みは出ません。痛み止めの薬を飲めば落ち着く程度です。 そのため、インプラント手術に入院は必要ありません。手術当日に帰宅できます。 インプラントの治療後は、本数が少ない場合や、特に骨造成術をしなかった場合、ほとんど腫れることもありませんし、痛みも感じません。 言い換えると、インプラントの本数が多かったり、骨を増やす処置、歯肉をつくったりする特別な手術をした場合は、腫れや痛みが出てきます。 腫れが出た場合は、手術後2~3日後がピークといわれ、その後は落ち着いてくることがほとんどです。その腫れは菌によって感染したものではなく、外科的な刺激を加えたことによる反応性の炎症とされているので、心配はありません。長引いたとしても5日~1週間ほど経過すれば落ち着きます。

また、腫れは冷やすことで落ち着きが早まります。痛みをともわなければ全く心配ありません。 しかしながら、痛みや腫れがそれほどない手術とはいえ、激しい運動や入浴は控える必要があります。また、細菌感染を防ぐための薬や痛み止めの薬が処方されますから、医師の指示に従ってきちんと服用してください。細菌感染によって腫れる場合もあります。

痛みが激しいときはどんな時?

術後に激しい痛みがある時は、埋めたインプラントが痛いのではなく、感染による炎症が原因です。術後に抗生剤が処方されるため、それを指示通りに服用しましょう。徐々に痛みが引いてくるならば、薬が効いている証拠なので、それほど心配する必要はありません。

痛みが長く続く場合の対処法

もし10日以上痛みが続く場合、いくつかの原因が考えられます。

ひとつめが、「ヒーティング」とよばれる現象です。これは、骨が予想以上に硬く、摩擦熱が大きく出てしまい、骨が火傷したような状態になるのです。抗生剤を長めに服用し、落ち着くかどうかの経過をみます。

次に、歯科医の技術が原因となる場合です。手術時間が予想以上に長くなったり、切開する部位が広かったりすると、その分傷口への負担が大きくなるので、痛みが長く続いてしまうのです。これも抗生剤を長めに服用し、安静にして様子を見ましょう。

他には、感染が考えられます。手術中、術後に細菌感染して炎症が発生してしまうことがあります。このような時には、抗生剤を服用し、手術部位を清潔に保っておきましょう。 まれに、インプラントを入れて、痺れが出ることもあります。特に下顎の場合、インプラントを入れる際、下顎を通る下歯槽神経という神経があり、圧迫や損傷などで、痺れが発生してしまうのです。原因は施術した医師の技術不足です。

そのような症状が現れた場合は、再手術をしなければなりません。異常を感じたら、すぐ病院に相談しましょう。 手術をする前に、神経が近い場合はCT撮影し、十分に安全な範囲で手術をしてくれるクリニックかどうか、患者側は見極める必要があります。

免責事項

医療法人社団 明敬会

タキザワ歯科クリニック

03-3685-1444

湘南藤沢歯科

0466-37-3090

一般的な費用相場

190,000~400,000円程度(税抜)

※インプラント1本の埋入価格

【インプラント治療にかかる期間】

インプラント治療にかかる期間は、平均6ヶ月~12ヶ月。

主なデメリット

歯茎の骨の形状、神経の走り方によって受けられない人がいる。

監修者紹介

滝澤聡明

滝澤 聡明医療法人社団明敬会 理事長

滝澤理事長の運営するクリニックでは、全国のクリニックでも数少ない「全症例の9割近くをフラップレス手術で行っている」クリニックです。

患者さんのためになる施術・カウンセリングを心がけており、フラップレス手術を推進するのもその思いがあってこそ。

「医療は絶えず変化するもの。だから自分の医院の診療もその変化に必ずついていく」という考えのもと、新しい技術を積極的に取り入れています。

監修者情報はこちら>

運営者情報

ヘルスケア編集部全研本社株式会社

歯を失った場合の治療として、主流になりつつあるインプラント治療。しかしフラップレス手術は、ネット上はおろか書籍でもまだまだ情報が少ない治療方法です。

「メスを使わないインプラント」は、我々患者にとってメリットが大きいはず。そこで当編集部は、フラップレス手術を前面に押し出している医療法人社団明敬会に取材を申し込みました。

運営者情報はこちら>