デンツプライ社のインプラント

東京に本社を置くデンツプライ社は、アストラテックをはじめとした質の高いインプラントを多数販売しています。ここでは、アストラテックをはじめ、3つのインプラントについてまとめました。

アストラテックの特徴

安定性と耐久性に優れた、デンツプライ社の主力となっているインプラントです。表面にフッ化物で科学な処理を加えたチタンを用いることで、骨形成を刺激。早く、そして強固に骨と結合する「オッセオスピード表面」を実現しました。多くの臨床試験の結果から、機能性の高さが認められています。

もうひとつの特徴は、人工歯根の形状が一部削られたようになっていること。多くのインプラントでは円柱形になっているため、斜めになっているところへの埋め込みが難しくなります。アストラテックは、削られた人工歯根と斜めになった顎提のバランスを合わせる必要がありますが、埋め込みがうまくいくと上部構造がつくりやすいのが特徴です。

そのほかにデンツプライが製造しているインプラント

ザイブ

歯が1本もない状態でも対応できるインプラント治療です。「PLIS」と呼ばれる表面性状を持っており、骨の細胞にくっつくことで、結合を早めます。従来のインプラントよりも、1~2ヶ月ほど治療にかかる期間を短縮可能。また骨吸収を防ぐために「プラットフォームスイッチング」というテクニックを用いています。本体よりも少し小さなアパッチメントを用いて、インプラント周辺を骨から水平的に遠ざけます。

素材には、模造ダイヤモンドと呼ばれる「ジルコニア」を使用。強度や耐久性、安全性が証明されているうえに、審美的にも優れた人工歯を入れられます。

抜歯した日に埋め込むことで、初期固定が強固になるのが特徴です。直径3mmの極細サイズもあり、顎の骨が細いために骨の増大手術が必要になるようなケースでも埋め込み可能です。長さのバリエーションも豊富になるため、顎吸収が進んで骨構造手術が必要になるような状態であっても、外科手術なしで受けられます。

アンキロス

骨吸収を抑えることで、長期的に安定させるインプラントです。骨と接合しやすいように表面が粗い仕上がりになっています。埋め込みやすいスクリュータイプであると共に、ねじ山が尖端へ向かって深くなることで骨への荷重を分散。また歯根部と支台部の接する場所が円すいになっているため隙間なく接合でき、遊びが生まれません。そのため、細菌が入り込んで感染や炎症が起こるリスクが軽減されます。円すい形のインプラントは神経や軟組織へ入りこめるので、歯周病をはじめとした症状で不足した軟組織がボリュームアップ!血行促進や咀嚼時の痛みを軽減する効果が期待できます。

デンツプライ社について

世界中の人々の口腔環境を守るために、歯科医療の発展に繋がるような研究を行っている企業です。医療従事者へ向けた啓蒙活動にも積極的で、インプラントや歯の健康を保つために必要な知識が学べるセミナーを毎月開催しています。

免責事項

医療法人社団 明敬会

タキザワ歯科クリニック

03-3685-1444

湘南藤沢歯科

0466-37-3090

一般的な費用相場

190,000~400,000円程度(税抜)

※インプラント1本の埋入価格

【インプラント治療にかかる期間】

インプラント治療にかかる期間は、平均6ヶ月~12ヶ月。

主なデメリット

歯茎の骨の形状、神経の走り方によって受けられない人がいる。

監修者紹介

滝澤聡明

滝澤 聡明医療法人社団明敬会 理事長

滝澤理事長の運営するクリニックでは、全国のクリニックでも数少ない「全症例の9割近くをフラップレス手術で行っている」クリニックです。

患者さんのためになる施術・カウンセリングを心がけており、フラップレス手術を推進するのもその思いがあってこそ。

「医療は絶えず変化するもの。だから自分の医院の診療もその変化に必ずついていく」という考えのもと、新しい技術を積極的に取り入れています。

監修者情報はこちら>

運営者情報

ヘルスケア編集部全研本社株式会社

歯を失った場合の治療として、主流になりつつあるインプラント治療。しかしフラップレス手術は、ネット上はおろか書籍でもまだまだ情報が少ない治療方法です。

「メスを使わないインプラント」は、我々患者にとってメリットが大きいはず。そこで当編集部は、フラップレス手術を前面に押し出している医療法人社団明敬会に取材を申し込みました。

運営者情報はこちら>