インプラントは病気の人でもできるのか?

インプラントをする際に注意したい疾病

インプラントは他の歯科治療と異なり、手術を行います。また、手術と手術の間も長い時間をかける必要があり、さらに治療終了後も十分なケアが必要となります。
基本的に、1本だけ歯を失った、複数の歯を失った、歯がすべてなくなってしまった、という場合ならば治療は可能ですが、条件によっては注意が必要とされています。
まず、妊娠中、全身疾患がある人は治療が制限されます。

注意が必要な疾病は以下のものといわれています。

  • 高血圧症
  • 心臓疾患等の循環器系疾患
  • 喘息等の呼吸器系疾患
  • 糖尿病や骨粗鬆症等の疾患
  • 腎臓や肝臓の機能障害

高血圧の人は麻酔にかかると血圧の下げ幅が大きく、血圧の変動が激しくなり、体の臓器すみずみに血液が行き渡らなくなる危険が増えるからです。

糖尿病の場合、全身の動脈硬化が進んでいると考えられますから、血液のめぐりが悪く、血行障害の様々なリスクが出てきます。さらに、免疫が低下し汗腺に対する抵抗力も低い状態ですから、感染症のリスクも高くなっています。骨とインプラントが結合しないで失敗に終わる可能性もあります。

ですから、高血圧や糖尿病などの慢性疾患がある人は、まず良好な状態にコントロールすることが条件となります。

また、高血圧や糖尿病で、出血が怖くてでなかなか治療に踏み切れない人は、フラップレス手術など出血が少ない手術方法もあるので、相談やカウンセリングをおすすめします。

腎臓病は免疫力が低下しているため傷が治りにくく、骨との結合が難しいといわれています。また、治療の際に使用する薬の使用制限の問題もあり、注意が必要です。もしインプラント手術を受けるならば、主治医と相談した方がいいでしょう。

骨粗しょう症は、程度によっては受けられるものもありますが、注意したいのが「ビスフォスフォネート剤」を使用している人です。骨が溶けるのを防ぎますが、骨の治癒も起きない薬ですので、インプラントには向かないのです。

インプラント治療ができない人

さらに、心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中を起こしてから6ヶ月以内は基本的にインプラント治療は禁忌です。

ガンの治療で放射線治療を行っている人も、基本的にインプラント治療ができません。特に顎骨に放射線を受けている場合には外科処置は禁忌です。歯科麻酔により骨髄炎を起こす可能性があるため、麻酔を行うことも禁忌とされています。

他にも血友病などの血液疾患は外科処置が禁忌ですし、普段ケガをした時に血が止まりにくいという自覚がある人は必ず歯科医師に伝えましょう。

また、疾患ではありませんが、以下のような人も治療をおすすめすることはできません。

  • あごの骨の成長が終わっていない概ね16才以下の方
  • 歯磨きなどの日常の手入れが充分にできない方
  • アルコール依存症の方
  • ヘビースモーカーの方
  • 医師との協調が得られない、精神的に問題のある方
  • チタンへのアレルギーを持っている方

特にインプラントは定期的なケアとメンテナンスを必要とします。天然の歯と同じように、きちんと日常の手入れをしないと、歯の周りに汚れがたまり、炎症を引き起こします。これを『インプラント周囲炎』といいます。初期の段階ではインプラント周囲の歯肉が腫れ、その後、インプラントを支えている歯槽骨を吸収してしまいます。

最終的にはインプラントが使えなくなり、撤去することも。ですので、インプラント治療を行う際には、必ず歯周病の検査・治療も行います。

免責事項

医療法人社団 明敬会

タキザワ歯科クリニック

03-3685-1444

湘南藤沢歯科

0466-37-3090

一般的な費用相場

190,000~400,000円程度(税抜)

※インプラント1本の埋入価格

【インプラント治療にかかる期間】

インプラント治療にかかる期間は、平均6ヶ月~12ヶ月。

主なデメリット

歯茎の骨の形状、神経の走り方によって受けられない人がいる。

監修者紹介

滝澤聡明

滝澤 聡明医療法人社団明敬会 理事長

滝澤理事長の運営するクリニックでは、全国のクリニックでも数少ない「全症例の9割近くをフラップレス手術で行っている」クリニックです。

患者さんのためになる施術・カウンセリングを心がけており、フラップレス手術を推進するのもその思いがあってこそ。

「医療は絶えず変化するもの。だから自分の医院の診療もその変化に必ずついていく」という考えのもと、新しい技術を積極的に取り入れています。

監修者情報はこちら>

運営者情報

ヘルスケア編集部全研本社株式会社

歯を失った場合の治療として、主流になりつつあるインプラント治療。しかしフラップレス手術は、ネット上はおろか書籍でもまだまだ情報が少ない治療方法です。

「メスを使わないインプラント」は、我々患者にとってメリットが大きいはず。そこで当編集部は、フラップレス手術を前面に押し出している医療法人社団明敬会に取材を申し込みました。

運営者情報はこちら>