切らないインプラント施術 フラップレス手術のすべて » フラップレス手術の費用相場 » 前歯をフラップレスインプラント手術で治療を行う

前歯をフラップレスインプラント手術で治療を行う

監修医より

前歯のインプラントはおおよそ37万円程度

前歯のインプラントはおおよそですが37万円程度が相場となっていますが、明敬会では、約30万円で行うことができます。注意をしておきたいのは、前歯の方が奥歯よりも高くなることです。高くなる理由は、治療の難易度が前歯の方が高いからです。

前歯のインプラントは、骨が薄くなりやすい部位となっているため、治療は意外と難しいのです。このような背景もあり、しっかりと医者に診てもらって、慎重に治療の方向性を決めていくことが大切になります。

滝澤理事長の在籍する
クリニックHPを見る

滝澤聡明理事長 滝澤聡明理事長
医療法人社団明敬会 滝澤理事長

前歯をなくした時の治療法

交通事故など思わぬハプニングを始め、さまざまな理由で前歯を失くしてしまうことがあります。他にも、虫歯が酷くなってしまい抜歯をしないといけないケースもあります。

その後、前歯が抜けたままだと生活に支障をきたしてしまうため、治療をする必要があるわけですが、どのような治療法があるのか?について紹介をします。

インプラントやブリッジを活用して治療をする

オススメする治療法は、やはりインプラントになります。見た目がよく、噛む力が強く、何よりもブリッジ治療や部分入れ歯よりも長持ちするからです。ただし、費用が高くなり手術も必要となるデメリットはあります。

ブリッジに関しては、手術なしでも治療ができるメリットがあり、さらに治療期間も短いです。一番、大きなメリットは「保険が効く」ことが挙げられます。

ただし、ブリッジするために健康な歯を削らないといけないため、歯の強度が落ちてしまう大きなデメリットもあります。加えて、費用が安いメリットがある反面、その安さゆえに使う歯がプラスチック製となるため、見た目があまり良くありません。

部分入れ歯を活用して治療をする

部分入れ歯も、費用の負担が軽く、治療時の痛みが少ないメリットとして挙げられます。その反面、日頃から洗浄しないといけないなどのメンテナンスの負担が大きいデメリットがあります。加えて、落下による破損のリスクがあることも理解しておきたいところです。

前歯の役割について

前歯の役割は非常に大きいです。例えば、顔の印象を美しくしてくれます。

笑顔になったとき、前歯がある状態とない状態で、どちらが良いか?と問われた場合、前者が圧倒的に多くなることは言うまでもありません(子供の生え変わりのときは、それでそれで愛嬌がありますが)。ともあれ、前歯があると人に対する印象をよくしてくれます。

また食べた物を噛み切る役割も担っています。鋭利な形になっているのも納得の役割と言えるでしょう。そして、口から流れる空気を正しく制御する役割も担っています。

ピンと来ないかもしれませんが…声の発生が綺麗になると言えば、イメージしやすいかと思います。前歯がないと空気の流れが乱れ(漏れてしまう)、発音しづらくなるわけです。

さらに重要な役割もあります。それが、咬み合わせる位置を決める役割です。前歯がつっかえ棒のような役割を果たし、奥歯に必要以上に大きな力が加わったり、咬み合わせることから歯が減っていくことから守っています。

前歯の治療の選び方

そんな重要な役割を担っている前歯を治療する場合、どのような選び方をしたらよいのでしょうか?インプラント治療と、ブリッジ、または入れ歯治療に分けて、選び方を紹介します。

インプラントがオススメな人

  • 歯を削りたくない
  • 丈夫な歯を長持ちさせたい
  • きれいな見た目にしたい
  • 歯のことを気にすることなくしっかりと噛みたい

一言で言ってしまえば、健康な歯と比較をしても遜色のない歯を求めている人にオススメの治療法になります。

「費用が高い」「手術が必要など」が気になるかもしれませんが、それ以上に得られるものは大きいことは間違いありません。

ブリッジ・入れ歯がオススメな人

  • 費用の負担を軽くしたい
  • 手術をすることを避けたい
  • そもそもインプラント治療ができない(糖尿病など)
  • 治療する期間をできるだけ短くしたい

このような状況や考えの場合は、ブリッジや入れ歯の治療をオススメすることになります。特筆する点は、やはり「手軽感がある」ということです。インプラントよりも身体への負担や費用的な負担は軽くなります。

ただし、ブリッジには隣になる歯を削らないといけない、入れ歯には毎日のメンテナンスが欠かせないなどの考慮する点があることは理解しておきましょう。

前歯をインプラントにするメリットデメリット

前歯の役割として、人に対する印象を良くしてくれるというメリットを説明させてもらいました。

インプラントは、まさに「きれいな歯」になる治療になるため、人に対して印象を良くしてくれること間違いありません。このメリットを始め、改めてインプラントのメリットとデメリットについて触れていきます。

メリット

インプラントには以下の4つがメリットとして挙げられます。

そもそも前歯のインプラントのメリットは、一言で言えば、歯全体を守ることができ普通の生活をすることができるということです。

そして、奥歯も重要な役割を担っていますが、前歯あってこその奥歯です。しっかりと前歯を守ることで奥歯も間接的に守ることができます。こちらについては、後ほど前歯の役割の章で詳しく解説をしていきます。

単独で植立が可能である

隣の歯などに対して干渉をせずに、1本だけでも治療ができるメリットがあります。

他の歯を守ることができる

健康な歯と遜色のない歯を用意することができ、周りの歯に対して負担を掛けません。

ブリッジなどは歯を削ることになるため、どうしても歯全体に影響を及ぼしてしまうのですが、インプラントにはこのような心配がありません。

強く噛むことができる

しっかりと固定されることになるため、健康な歯と同様にしっかりと噛むことができます。ズレることもないですし、痛みも感じません。

スムーズに喋ることができ発音しやすくなる

入れ歯などは、どうしてもズレなどが生じてしまうケースがあり、うまく喋ることができないケースもあります。

インプラントの場合はしっかりと固定されるため、ズレることなく歯のことを気にせず喋ることができます。変に歯と歯の間に隙間ができないため、発音もしやすくなります。

デメリット

インプラントの接合部が露出してしまう可能性がある

前歯は奥歯のようにインプラント治療をする土台が広いわけではありません。結果、どうしても露出をしてしまうことがあります。さらに、前歯は人の目に付きやすい部位でもあるため、余計に気になってしまうわけです。

手術が必要

インプラントのデメリットは、メスを入れて手術をすることが挙げられます。大掛かりな手術になることもあるため、不安が大きくなってしまったり、身体への負担が大きくなってしまったり、費用的な負担も大きくなります。

治療期間が長め

人によってケース・バイ・ケースではありますが、平均して6ヶ月~12ヶ月の治療期間を要します。ブリッジや入れ歯と比較されますが、かなりの違いになってしまうことは否めません。

費用が高い

「手術が必要」という時点で、まとまったお金が必要になってしまうことは、容易に想像することができます。また、保険適用外の治療となるため、より一層金銭的な負担を大きくしています。

前歯付近の顎の骨は痩せやすく、骨量が足りなくなる可能性がある

骨を削ってインプラントを埋め込むことなるため、どうしても顎の骨への負担は大きくなってしまいます。顎が小さい人は、最終的に骨量が足りないという状況になってしまうリスクもあります。

明敬会の前歯のインプラント費用

このフラップレス手術は、通常のインプラント治療よりも痛みを軽減してできるメリットなどがあります。

したがって、費用の考え方も少し異なります。手術自体の費用は変わりませんが、前歯として使用するインプラントの種類によって値段が変わってきます。具体例を以下に少し紹介をします。

  • オステム社:TSⅢA(韓国製)…費用を抑えたい [110,000円/保証期間5年]
  • バイオホライズン社:レーザーロック(アメリカ製)…歯周病になりやすい [130,000円/保証期間10年]

上記のように他にも7社のインプラントを利用することができます。最大で21万円と高価なインプラントも利用することができます。

インプラント治療時の大まかな費用は以下のとおりです。

  • 手術費用:2万
  • オステム社 TSⅢA(インプラント体):11万
  • アバットメント(土台):5万
  • 被せ物(ジルコニア+陶材(築盛)):12万円

インプラント体は複数のメーカーが用意されており、選択したものによって値段は変わってきます。

免責事項

医療法人社団 明敬会

タキザワ歯科クリニック

03-3685-1444

湘南藤沢歯科

0466-37-3090

一般的な費用相場

190,000~400,000円程度(税抜)

※インプラント1本の埋入価格

【インプラント治療にかかる期間】

インプラント治療にかかる期間は、平均6ヶ月~12ヶ月。

主なデメリット

歯茎の骨の形状、神経の走り方によって受けられない人がいる。

監修者紹介

滝澤聡明

滝澤 聡明医療法人社団明敬会 理事長

滝澤理事長の運営するクリニックでは、全国のクリニックでも数少ない「全症例の9割近くをフラップレス手術で行っている」クリニックです。

患者さんのためになる施術・カウンセリングを心がけており、フラップレス手術を推進するのもその思いがあってこそ。

「医療は絶えず変化するもの。だから自分の医院の診療もその変化に必ずついていく」という考えのもと、新しい技術を積極的に取り入れています。

監修者情報はこちら>

運営者情報

ヘルスケア編集部全研本社株式会社

歯を失った場合の治療として、主流になりつつあるインプラント治療。しかしフラップレス手術は、ネット上はおろか書籍でもまだまだ情報が少ない治療方法です。

「メスを使わないインプラント」は、我々患者にとってメリットが大きいはず。そこで当編集部は、フラップレス手術を前面に押し出している医療法人社団明敬会に取材を申し込みました。

運営者情報はこちら>