フラップレス手術の費用相場

ここでは、フラップレス手術の費用を紹介していきます。

フラップレス手術の費用

フラップレス手術は、あくまでインプラント施術の術式になりますので、実際に土台に何を使うか、かぶせ物は何にするかで全体の費用は大きく変わります。

うちのクリニックの場合、ただ単に切開術式から無切開術式(フラップレス手術)に変えるのは、1万円前後の差しか出ません。

ただ、フラップレス手術の場合、クリニックによっては5~10万程金額が高くなることがあります。

明敬会でもオプションで取り入れていますが、クリニックによっては必須となっているところも多いでしょうね。

サージカルガイドがあるか、ないか

インプラントのドリリングのサポートをする器具で、サージカルガイドというものがあります。

患者さんの顎骨をCTスキャンした上で、ドリリングを行う箇所を分かりやすくしたマウスピースのようなものです。

患者さん1人ひとりにオーダーメイドをするのと、メーカーへ依頼を行うため、サージカルガイドの作成が入るか入らないかで5万円前後は金額が変わってきます。

サージカルガイドはフラップレス手術に必須の器具?

無切開術式であるため、サージカルガイドを使った方がドリリングのズレが起こりにくいことは間違いありません。

ただ、最終的にドリリングをするのは、人間。

サージカルガイドを使っていようとドリリングをする医師の技術でズレは容易に起こってしまいます。

器具を過信しすぎないことも歯科医にとって重要なことなのです。

明敬会のインプラント費用

明敬会では、インプラントの構造別に合わせて料金を設定しています。歯の形をした上部構造(かぶせ物)、かぶせる歯を支える土台部分のアバットメント、あごの骨に埋め込む部分のインプラントの3つ。

インプラント本体とアバットメントは、7つのメーカーを扱い、9種類のタイプを取り揃えています。メーカーによってインプラント本体の特徴に違いがありますので、患者さんの症状や悩みに合わせてインプラントの種類を選べるのが特徴です。

例えば、費用を抑えて治療をしたい方は「オステム社 TSⅢA」。費用は110,000円と、明敬会で扱っているメーカーの中では安く、インプラントをする歯が多い方に向いていると言えるでしょう。

あごが細い方、歯周病になりやすい方はバイオホライズン社の「レーザーロック」。金属アレルギーの方には、ジルコニア製でノンメタルのZIRKOLITH社の「Zシステム」があります。

歯肉が下がりやすい方はノーベルバイオケア社の「リプレイス」、治療回数を少なくしたい方は同社の「ACTIVE」など、同じメーカーでも種類が異なりますので、料金だけで判断せず医師へ要望を伝えていただきたいです。

取り扱うインプラントを一覧にまとめていますので、参考にご覧ください。

メーカー 向いている方 料金 保証期間
オステム社
TSⅢA(韓国製)
費用を抑えたい 130,000円 5年
バイオホライズン社
レーザーロック(アメリカ製)
歯周病になりやすい 170,000円 10年
ノーベルバイオケア社
リプレイス(スイス製)
歯肉が下がりやすい 190,000円 10年
ノーベルバイオケア社
ACTIVE(スイス製)
治療回数を減らしたい、骨が細い、痛みや腫れを少なくしたい 190,000円 10年
ノーベルバイオケア社
パラレルCC
フラップレスで治療したい 190,000円 10年
ジンマー社
カルシテックスプライン(アメリカ製)
骨がやわらかい、治療回数を減らしたい 200,000円 10年
ストローマン社
SLA ACTIVE(スイス製)
骨がやわらかい、短期間がいい 200,000円 10年
ZIRKOLITH社
Zシステム(スイス製)
金属アレルギー 270,000円 10年
BIOMET社
T3short
垂直的な骨量が不足している 190,000円 10年

どのインプラントを選んでも共通してかかる費用は、オペごとに発生する手術準備管理費が20,000円、1ヶ月のメンテナンス料が3,000~5,000円があります。

かぶせ物であれば、大臼歯50,000円、小臼歯80,000円、前歯用120,000円がかかるので、「インプラント+土台(アバットメント)+かぶせ物=かかる費用」とみておきましょう。

ほかにも、どのクリニックでも治療にはインプラント本体の費用だけではなく、初診料・再診料・麻酔代・処方薬代がかかります。長く使い続けるためには定期的なメンテナンスは欠かせませんので、通院によるメンテナンス料がかかることもお忘れなく。

インプラント治療は、これらをトータルで考えた治療計画を考える必要があります。

通いたいクリニックが遠方にあれば、交通費もかかるかもしれません。

インプラントの種類や治療にかかる予算だけではなく、治療期間や通院にかかる時間を加味した計画をたてるために、要望を医師に伝えぜひ相談していただけたらと思います。

インプラント治療の医療費控除制度

インプラント治療はフラップレス手術を活用したとしても、相応の医療費が必要となります。高額になってしまった場合、医療費控除制度を活用することで負担を軽くすることができます。10万円以上の医療費になった場合に活用できるため目を通しておくことをおすすめします。

インプラント治療の医療費控除制度について詳しく

インプラント治療の保険適用

そもそもインプラント治療は保険診療が可能なのか?と気になるところです。自由診療との違いを踏まえ、不可能だった場合の対処法など、保険の考え方をまとめてあります。高額治療になるからこそ知っておくべき内容となっています。

インプラント治療の保険適用について詳しく

奥歯のインプラント治療

奥歯は普通に生活をしていく上で重要な役割を担っています。奥歯をインプラントにしたときのメリットやデメリットをまとめつつ、奥歯の詳しい役割も説明してあります。インプラント治療を迷っている場合、一読することをおすすめします。

奥歯のインプラント治療について詳しく

前歯のインプラント治療

前歯は噛み合わせを良くしたり、言葉の発音を正したり、重要な役割がいくつもあります。そして、奥歯を守る役割もあります。だからこそ、前歯が失くなってしまったときはインプラント治療をした方がよいわけです。メリットやデメリットについても触れています。

前歯のインプラント治療について詳しく

滝澤医師より

フラップレス手術そのものの費用は、1万~10万円程度

サージカルガイドのありなしで大きく変わるフラップレス手術の費用。

もちろんサージカルガイドを使った方が、安心出来るという方もいらっしゃると思いますので、明敬会ではオプション形式でつけたい方にはつけていただく形を取っています。

ただ、インプラントもそんなに安い施術ではありませんので、患者さん1人ひとりの歯の状態に合わせて適切な提案が出来るような幅を持ったクリニックを選んでいただきたいです。

滝澤医師の在籍する
クリニックHPを見る

滝澤聡明理事長 滝澤聡明理事長
医療法人社団明敬会 滝澤理事長

免責事項

医療法人社団 明敬会

タキザワ歯科クリニック

03-3685-1444

湘南藤沢歯科

0466-37-3090

一般的な費用相場

190,000~400,000円程度(税抜)

※インプラント1本の埋入価格

【インプラント治療にかかる期間】

インプラント治療にかかる期間は、平均6ヶ月~12ヶ月。

主なデメリット

歯茎の骨の形状、神経の走り方によって受けられない人がいる。

監修者紹介

滝澤聡明

滝澤 聡明医療法人社団明敬会 理事長

滝澤理事長の運営するクリニックでは、全国のクリニックでも数少ない「全症例の9割近くをフラップレス手術で行っている」クリニックです。

患者さんのためになる施術・カウンセリングを心がけており、フラップレス手術を推進するのもその思いがあってこそ。

「医療は絶えず変化するもの。だから自分の医院の診療もその変化に必ずついていく」という考えのもと、新しい技術を積極的に取り入れています。

監修者情報はこちら>

運営者情報

ヘルスケア編集部全研本社株式会社

歯を失った場合の治療として、主流になりつつあるインプラント治療。しかしフラップレス手術は、ネット上はおろか書籍でもまだまだ情報が少ない治療方法です。

「メスを使わないインプラント」は、我々患者にとってメリットが大きいはず。そこで当編集部は、フラップレス手術を前面に押し出している医療法人社団明敬会に取材を申し込みました。

運営者情報はこちら>