即時荷重インプラント

インプラントの治療法のひとつである「即時荷重インプラント」。たった一度の治療で、インプラントの埋め込み、仮歯入れまでを行い、手術当日から食事ができるようになります。このページでは、即時荷重インプラントについて、詳しい手術の説明とメリットやデメリットなど詳しくご紹介しています。

即時荷重インプラントとは?

即時荷重インプラントとは、インプラントの埋め込みと同時に仮歯まで入れる治療のこと。手術した日から柔らかいものなら噛むことができ、歯のない期間がないため見た目も美しいことが特徴です。

通常のインプラント治療では、インプラントを埋め込んでから、骨とインプラントがくっつくまで2~6ヶ月待ったあと、インプラントと人工歯の連結部分を装着して、ようやく人工歯を入れます。その間トータルの治療期間は3~10ヶ月。長い期間、歯のない状態で過ごさなければなりません。

治療にくわえて顎の骨を増やす処置も行っている場合は、さらに時間がかかります。また、何度も切開するためそのぶん痛みや腫れがあり、患者さんにかかる負担が大きいことも課題です。

しかし即時荷重の場合は、1回で複数の処置をするため治療期間が大幅に短縮されます。治療中でもふだん通りの生活ができるという点で、患者さんの肉体的・精神的負担が軽くなる治療だと言えるでしょう。

即時荷重インプラントのメリット

通常なら2回に分ける必要のある手術を1度で終えられるので、治療期間が大幅に短縮されます。

固いものでなければ手術をしたその日から食べられるので、ふだんと変わらない生活を送れることもメリット。すぐに歯を手に入れることができ、見た目の面でも自然できれいです。

即時荷重インプラントのデメリット

治療期間が長いというインプラントの大きなデメリットを解決するために行われる手術なので、デメリットはほとんどありません。しかし技術的に大変高度なものが必要とされるため、そうした技術を持った歯科医でなければ成功率は著しく劣るといわれています。

また、患者さんの骨の状態によっては即時荷重インプラントができないこともあります。

即時荷重インプラントが向いている人

  • 骨の量や質が十分な人
  • 見た目が気になる人
  • すぐに食事を楽しみたい人

即時荷重インプラントを成功させる条件は、歯科医の高度な技術と多くの施術経験であることは言うまでもありませんが、大前提として患者さんの骨質が良くなければ治療ができません。

即時荷重を望んでも、インプラントを埋入する場所の骨質が即時荷重に適切かどうかを診断する必要があります。そのため、さまざまな検査の結果を総合的に判断してからということになるでしょう。十分な顎骨ではないのに即時荷重を行ってしまうことは、たいへん危険です。

即時荷重インプラントが向かない人

  • 抜歯が受けられない健康状態の人
  • 骨粗しょう症で治療薬としてビスホスフォネート製剤を使用している場合
  • 金属に対してアレルギーのある人

患者さんの顎の骨の状態(骨量や骨密度など)が条件の整った顎でなければ適用できない点は、従来のインプラント手術と同様です。 

即時荷重インプラントのダウンタイム・痛み・価格

通常のインプラント手術と比べて歯茎を切開する回数が少なく済むため、ダウンタイムの期間も短縮されます。

インプラントと骨がくっつくまで2~6ヶ月ほど待ってから最終的なセラミックなどの人工歯を取り付けるのは、通常の方法と同じです。しかし、即時荷重ではその日に噛めるようになるので、ダウンタイム=歯がない期間と考えると、ほとんどありません。

自由診療なので、費用はインプラントをする範囲や難易度によって異なりますが、約40万円が相場のようです。骨が足りないときの骨の再生手術の費用や麻酔代が含まれていないこともあるので、事前に確認するようにしてください。

即時荷重インプラントをフラップレス手術ですることでより痛みが減る

即時荷重インプラントを無切開術式であるフラップレス手術で行うことで、より体への負担を軽減することが可能です。

負担軽減ができる理由は大きく2つで「即時荷重法は手術回数が少ない」ということ、「フラップレスは切開しないため治癒が早い」ということ。特に説明をするまでもなく、言葉尻で、負担軽減ができることが理解できるかと思います。

では、具体的に、どのような方法で即時荷重インプラントをフラップレス手術で治療をしていくのか?を以下より、詳しく説明をしていきましょう。

フラップレス手術がどんな手術かを見てみる

即時荷重インプラントの症例

フラップレス手術がどのようなものか?を理解するには、実際の症例を紹介するのが、手っ取り早くイメージすることできます。

特にフラップレスは、患者への負担が軽いことが最大のメリットとなります。これが意味することは高齢者への治療をする際に役立つということ。これを踏まえ以下より、日本口腔インプラント学会 第32巻 1号を参考にして紹介をしていきます。

身体に負荷をかけない治療が求められる理由とは?

はじめに、そもそも即時荷重インプラントでフラップレス手術を行って負荷を軽減させようとしているのか?答えは、高齢化社会に対応をするためです。もちろん、これだけが理由ではありませんが大きな理由になっていることは間違いありません。

というのも、2019年2月時点で、日本の高齢者人口の割合は27.7%となっており、これを考慮した治療をしないといけない状況になっているからです。また、丈夫な歯を用意することで、老後も楽しく充実した生活を送ってもらうための使命感もあるわけです。

高齢者へのインプラント治療で注意すべき点とは?

高齢者へインプラント治療をする場合、以下のような特徴を持っているため、細心の注意を払って対応をする必要があります。

  • 慢性的な治療を行っており疾患が多い傾向にある
  • 顎の骨が萎縮し始めている
  • そもそも顎骨の強度が低下している
  • 長時間の手術が困難な傾向がある
  • 治療後に栄養状態が悪くなり身体的、かつ精神的な負担が生じてしまう

これを読むだけでも、高齢者に対してのインプラント治療は難しいことが理解できます。それと同時に、即時荷重インプラントでのフラップレス治療が有効なことも理解できます。

若年層よりも慎重な前準備が必要

治療自体も細心の注意を払って行わなければなりませんが、上記で紹介したように高齢者は、様々な注意すべき点があります。これをクリアするためには、外科処置を含め治療計画を進めることが重要です。

一例を挙げると…とある70代女性の場合、咀嚼障害や悪性リンパ腫(完治)、咬合平面不良など、様々な留意する点がありました。

しかし、骨の密度が高くインプラント治療にも耐えうることが分かり、審美歯科も含めた治療計画が立てることができました。経過も良好という結果からも、この慎重さが重要なことが理解できます。

インプラント治療はアフターケアも非常に重要

高齢者へのインプラント治療は、治療直後など十分な栄養が取れない可能性もあります。したがって、本人だけではなく第三者のフォローも必要となってきます。

特に老人ホームのような施設は、職員もインプラントへの知識を深め、歯のケアをすることが重要です。その結果、高齢者のインプラントであっても長く維持ができるようになります。

免責事項

医療法人社団 明敬会

タキザワ歯科クリニック

03-3685-1444

湘南藤沢歯科

0466-37-3090

一般的な費用相場

190,000~400,000円程度(税抜)

※インプラント1本の埋入価格

【インプラント治療にかかる期間】

インプラント治療にかかる期間は、平均6ヶ月~12ヶ月。

主なデメリット

歯茎の骨の形状、神経の走り方によって受けられない人がいる。

監修者紹介

滝澤聡明

滝澤 聡明医療法人社団明敬会 理事長

滝澤理事長の運営するクリニックでは、全国のクリニックでも数少ない「全症例の9割近くをフラップレス手術で行っている」クリニックです。

患者さんのためになる施術・カウンセリングを心がけており、フラップレス手術を推進するのもその思いがあってこそ。

「医療は絶えず変化するもの。だから自分の医院の診療もその変化に必ずついていく」という考えのもと、新しい技術を積極的に取り入れています。

監修者情報はこちら>

運営者情報

ヘルスケア編集部全研本社株式会社

歯を失った場合の治療として、主流になりつつあるインプラント治療。しかしフラップレス手術は、ネット上はおろか書籍でもまだまだ情報が少ない治療方法です。

「メスを使わないインプラント」は、我々患者にとってメリットが大きいはず。そこで当編集部は、フラップレス手術を前面に押し出している医療法人社団明敬会に取材を申し込みました。

運営者情報はこちら>