切らないインプラント施術 フラップレス手術のすべて » フラップレス手術と他のインプラント施術の違い

フラップレス手術と他のインプラント施術の違い

歯肉を切ることなくインプラント治療が可能なフラップレス手術。メスを使用した切開が無いので痛みや腫れもほとんどなく、短期間で全ての治療を終えることができます。

失われた歯の代わりとなり、本来の自分の歯のように使えるインプラントには、たくさんのメリットがあります。しかし、治療費が高額となる、治療期間が長い、痛みや腫れを伴うなどのデメリットもあり、治療をためらう人も多いのが現状です。

このページでは、従来のインプラント治療のデメリットをなくした治療法として注目されるフラップレス手術と、ほかの施術の特徴を比較しています。

抜歯即時インプラント

抜歯したその日にインプラントを入れる施術です。

通常、抜歯をしたら傷が回復するまで待たなければいけませんが、そのぶん手術回数が増え、治療期間も延びるという問題がありました。その問題を解消するために考えられたのが抜歯即時インプラントです。骨の量が十分にあり、重度の歯周病などがない場合に行われます。

抜く歯の状態にもよりますが、歯茎を切る必要がありません。腫れや痛みが少なく、治癒期間を短くしてインプラントを入れることができます。抜歯即時インプラントでは、抜歯後の状態に応じて縫合をすることもあります。

切らない治療である点は、フラップレス手術と同じ。フラップレス手術は歯がない箇所にパンチで穴を開けてインプラントを埋め込むので、縫合も不要です。

抜歯即時インプラントに
ついてもっと見る

即時荷重インプラント

インプラント埋入と同時に仮歯を装着する施術です。

通常のインプラントは、手術の後に骨とインプラントが細胞レベルでくっつくまで、2~6ヶ月の間、歯が入らないのが普通でした。歯のない期間が長く、審美面でも食事の面でも不便だったのです。

即時荷重インプラントはすぐに仮歯を装着できるので、その日から食べ物を噛むことができます。フラップレス手術も同様に、即時荷重インプラントが行えるので、歯のない期間がない治療。フラップレス手術は切らない・縫わない手術のため、さらに治療期間を短縮できます。

即時荷重インプラントに
ついてもっと見る

オールオン4

全ての歯を失った場合に多く行われる手術で、4本のインプラント体を埋め込むだけで片顎すべての歯を手に入れられる施術です。手術時間が1時間程度で済むので患者さんの負担が少なく、その日から軽い食事ができます。インプラントの本数が少ないので費用も安く済む方法です。

フラップレス手術でオールオン4を行うことも可能。時間は多少かかりますが、歯茎を切らないので負担が大きく軽減されます。

オールオン4に
ついてもっと見る

GBR

骨に幅がない人に行われる治療法です。歯肉を切開したところに適量の人工骨を流し込みます。その後、メンブレンと呼ばれる人工膜で覆って密封します。3ヵ月から5ヵ月ほどで人工骨が固まり安定します。GBR法の一番のメリットは、インプラント治療を同時進行できることです。かなりの時短を実現できるため、好んで活用する人も多いです。また、歯肉を切開するだけなので身体への負担も比較的軽いといった大きなメリットがあります。ただし、費用が多少高くなる傾向があることは理解しておきたいところです。

GBR

ソケットリフト

上顎の空洞部分に人工骨を直接流し込んで厚みを出す治療法になります。インプラント治療をするときに、厚みが足りないことを理由に治療を断られてしまった場合に利用できる手法となります。歯肉を切開し、骨に穴を開け、さらに頭蓋骨内に異物が入らないように守っている膜にも穴を開けて人工骨を注入します。こちらも3ヵ月から5ヵ月ほどで固まり安定させます。これでインプラント治療ができる10mm以上の骨の厚みを実現します。 GBRほど軽くはありませんが、身体への負担は比較的軽い部類に入る治療法です。また、流し込む人工骨は昨今、高い技術進歩もあり感染症などのリスクを低減できる完全人工骨を使用するケースも増えています。したがって、安心して骨に厚みを出すことができます。ただし、治療前のベースとなる骨は厚さが5mm以上必要となります。これ以下だと、ソケットリフトは選択できません。

ソケットリフト

サイナスリフト

ソケットリフトと同様にインプラント治療のときに厚みがないことを理由に断られてしまったときの対処治療の1つとなります。こちらも上顎の骨に厚みを持たせることができます。ソケットリフトとの大きな違いは、厚みが5mm以上なくても治療することができるということです。似たような治療方法を取りますが、内容は全く異なります。 ソケットリフトは膜の中に人工骨を流し込みましたが、サイナスリフトは、上顎の骨と空洞内部を守っている膜の間に人工骨を流し込むことになります。したがって、頭蓋骨に穴を開け、膜を分離するという難しい大々的な手術を行わないといけないデメリットがあります。結果、どうしても痛みは強くはなってしまいます。 1つ頭に入れておきたいことは、以前よりも技術が進歩し、痛みも軽減してきたことです。ともあれ、小手先の治療ではないため、しっかりとした土台を作ることが可能です。ソケットリフトと同時進行で治療をするケースもあります。

サイナスリフト

免責事項

医療法人社団 明敬会

タキザワ歯科クリニック

03-3685-1444

湘南藤沢歯科

0466-37-3090

一般的な費用相場

190,000~400,000円程度(税抜)

※インプラント1本の埋入価格

【インプラント治療にかかる期間】

インプラント治療にかかる期間は、平均6ヶ月~12ヶ月。

主なデメリット

歯茎の骨の形状、神経の走り方によって受けられない人がいる。

監修者紹介

滝澤聡明

滝澤 聡明医療法人社団明敬会 理事長

滝澤理事長の運営するクリニックでは、全国のクリニックでも数少ない「全症例の9割近くをフラップレス手術で行っている」クリニックです。

患者さんのためになる施術・カウンセリングを心がけており、フラップレス手術を推進するのもその思いがあってこそ。

「医療は絶えず変化するもの。だから自分の医院の診療もその変化に必ずついていく」という考えのもと、新しい技術を積極的に取り入れています。

監修者情報はこちら>

運営者情報

ヘルスケア編集部全研本社株式会社

歯を失った場合の治療として、主流になりつつあるインプラント治療。しかしフラップレス手術は、ネット上はおろか書籍でもまだまだ情報が少ない治療方法です。

「メスを使わないインプラント」は、我々患者にとってメリットが大きいはず。そこで当編集部は、フラップレス手術を前面に押し出している医療法人社団明敬会に取材を申し込みました。

運営者情報はこちら>