フラップレス手術・インプラント治療の失敗例

以下より、フラップレス手術・インプラント治療の失敗例について説明をしていきます。

監修医より

フラップレスインプラントにもリスクがある

従来のメスを用いて歯肉を切開剥離する過程を省いた無切開手術がフラップレス手術です。歯肉に直接穴を空け、そこからインプラントを挿入するので、身体へのダメージを抑えられるというメリットがあります。

一方でインプラントは歯肉と骨にしっかりと埋入する必要があるにもかかわらず、フラップレス手術では骨を直視できないというリスクがあります。この状況下で安全かつ確実に骨に穴を空けるには高度な技術が求められるため、施術を受ける場合には高い技術を有した医師選びが非常に大切です。

重大な失敗事例も複数報告されています。実際にあったフラップレス手術の事故を知ったうえで、医師や医療機関を選ぶことも重要です。

滝澤理事長の在籍する
クリニックHPを見る

滝澤聡明理事長 滝澤聡明理事長
医療法人社団明敬会 滝澤理事長

実際にあったインプラントの死亡事故

フラップレス手術に失敗し、死亡事故が起こってしまったケースもあります。具体的にご紹介しましょう。

動脈の損傷による大量出血が原因

海外でのトレーニング経験を有するベテラン医師によるフラップレス手術で生じた、70歳(当時)女性患者の死亡事故です(2007年)。歯肉を切開せずに顎の骨にドリルで穴を空けるため、血管までの距離や位置が確認しづらく、誤って動脈を損傷し、大量出血にともなう気管支閉塞による窒息死と報告されています。

事故の背景として、下顎臼歯部分へのインプラント手術において、術前のCT検査が実施されず、オトガイ下動脈および舌下動脈の位置を医師が把握していなかったということがあります。レントゲン撮影だけでインプラント治療を行うことは可能ですが、これだけでは動脈の走行状況の十分な確認はできません。CTによる確認を通じての施術と比較した場合、どうしても安全性は低くなってしまいます。

また事故の経緯の報告の中に、カウンセリング段階で担当医が1度に8本のインプラントを埋入する施術計画を提示していたことが記されています。直接の死亡原因との因果関係には触れられていませんが、不安を覚えた女性患者が、手術を複数回に分けるか、本数を減らしてほしいとの意向を伝えています。

刑事裁判となり、執行猶確定した判決文中には、「この手法なら安全だろう」との憶測を判断基準とした施術が、事故の要因とも言い切れない一節が含まれています。

すべての歯科医院にCTが設置されている訳ではない

現在、インプラント治療に対応しているすべての歯科医院にCTが設置されている訳ではありません。フラップレス手術はすべての歯科医院で、同一レベルの安全な施術が約束されるわけではないのです。

同件に関する検証においても、術前のエックス線診断としてのCT撮影は実施されておらず、歯科用CT画像でより細密な情報が得られていれば、不測の事態は回避できた確率が高いと結論づけています。

高度なドリリングの技術に加え、口内環境の詳細確認が求められるインプラント治療に際しては、医療機関すなわち医師の選択が非常に重要です。インプラント治療、とりわけフラップレス手術は、通常の歯科医療に求められる施術レベルを大きく超える、ハイリスクの外科手術と捉えて調査しましょう。

明敬会の取り組み

明敬会ではインプラント治療による事故防止のため、以下の取り組みに注力しています。

カウンセリング重視で患者さんとしっかり向き合う

難易度の高い手術をともない、治療費も高額なインプラント治療を安全かつ確実に成功させるために、明敬会ではカウンセリングを重視しています。一人ひとりの状態に合わせた最善の治療プランニングを構築すべく、しっかりと患者さんと向き合う初期対応を実践しています。

歯科医師とカウンセラーによるCT結果を用いた丁寧なカウンセリング

明敬会ではインプラント治療を希望される方には、最初に無料でCT撮影を実施しています。そして撮影画像を元に、どのような治療が可能なのか、どのようなメリットとデメリットが想定されるのかなどを、歯科医師とカウンセラーが丁寧に説明します。あくまで患者さんが治療方法と内容を十分理解して納得されたうえで、患者さんの考えと気持ちに寄り添った治療を提供していることが特徴です。

免責事項

医療法人社団 明敬会

タキザワ歯科クリニック

03-3685-1444

湘南藤沢歯科

0466-37-3090

一般的な費用相場

190,000~400,000円程度(税抜)

※インプラント1本の埋入価格

【インプラント治療にかかる期間】

インプラント治療にかかる期間は、平均6ヶ月~12ヶ月。

主なデメリット

歯茎の骨の形状、神経の走り方によって受けられない人がいる。

監修者紹介

滝澤聡明

滝澤 聡明医療法人社団明敬会 理事長

滝澤理事長の運営するクリニックでは、全国のクリニックでも数少ない「全症例の9割近くをフラップレス手術で行っている」クリニックです。

患者さんのためになる施術・カウンセリングを心がけており、フラップレス手術を推進するのもその思いがあってこそ。

「医療は絶えず変化するもの。だから自分の医院の診療もその変化に必ずついていく」という考えのもと、新しい技術を積極的に取り入れています。

監修者情報はこちら>

運営者情報

ヘルスケア編集部全研本社株式会社

歯を失った場合の治療として、主流になりつつあるインプラント治療。しかしフラップレス手術は、ネット上はおろか書籍でもまだまだ情報が少ない治療方法です。

「メスを使わないインプラント」は、我々患者にとってメリットが大きいはず。そこで当編集部は、フラップレス手術を前面に押し出している医療法人社団明敬会に取材を申し込みました。

運営者情報はこちら>