切らないインプラント施術 フラップレス手術のすべて » フラップレス手術ができる人・できない人 » 腎機能疾患を患ってしまうとインプラント治療を受けることができないの?

腎機能疾患を患ってしまうとインプラント治療を受けることができないの?

監修医より

腎機能疾患も受けられる可能性がある

腎機能疾患の中でも腎疾患患者の場合、傷の治りが遅くなったり、骨の強度が下がっていることが多いため、リスクが高くなってしまいます。一方、病気が改善傾向にある患者であれば、予後の心配が少なくなるため、手術ができる可能性がグンとアップします。歯茎を切開しないフラップレス手術なら、傷の治りも早いため、さらに治療を受けられる可能性が上がります。

滝澤理事長の在籍する
クリニックHPを見る

滝澤聡明理事長 滝澤聡明理事長
医療法人社団明敬会 滝澤理事長

腎機能疾患とは

腎機能疾患とは、腎臓の糸球体や尿細管が冒される病気のことです。腎機能疾患には、腎障害、腎不全、糖尿病性腎症、慢性糸球体腎炎、腎硬化症、ネフローゼ症候群など様々な種類があり、それぞれの原因や症状も異なります。

腎臓の機能は一度、失われてしまうと、回復することがないケースが多く、慢性腎不全といわれる病態になります。しかし、近年では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、腎臓の機能の低下を防いだり、遅らせたりすることが可能です。

また、末期腎不全まで進行し、腎機能の回復が見込めない状態になってしまっても、透析療法や移植といった腎代替療法の中でもさらに治療法の選択肢が増えているため、患者自身の生活水準に合った治療を受けることができるようになっています。

腎機能疾患患者がインプラントを受けられない理由は

腎機能疾患を患っている人は、高血圧などを併発している場合が多く、手術中の病状コントロールが困難であるため、インプラント治療を受けることが困難だと言われています。また手術中に易感染性、低タンパク血症、口腔乾燥症、腎性骨異栄養症などの恐れがあり、万が一、併発してしまうと、手術の成功率がグンと下がってしまいます。

さらに腎透析を受けていると低カルシウム血症により骨質の低下が起こり、骨結合に悪影響を及ぼすほか、麻酔により中毒症状が出やすくなってしまうのも懸念材料の1つ。免疫機能の低下による易感染性や易出血性などの手術に対するリスクも高まってしまいます。

ですので、高度な腎障害があったり、腎不全で透析を受けている人といった腎機能疾患の回復が望めない人は、基本的にはインプラント治療を受けることができないと考えておいた方が良いかもしれません。

腎機能疾患患者がインプラントを受けるには

病状の回復が望めない人は基本的には受けられません。とりあえず主治医に相談するところから始めてみましょう。病状がしっかりとコントロールされて入れば手術自体は可能です。

参考文献

免責事項

医療法人社団 明敬会

タキザワ歯科クリニック

03-3685-1444

湘南藤沢歯科

0466-37-3090

一般的な費用相場

190,000~400,000円程度(税抜)

※インプラント1本の埋入価格

【インプラント治療にかかる期間】

インプラント治療にかかる期間は、平均6ヶ月~12ヶ月。

主なデメリット

歯茎の骨の形状、神経の走り方によって受けられない人がいる。

監修者紹介

滝澤聡明

滝澤 聡明医療法人社団明敬会 理事長

滝澤理事長の運営するクリニックでは、全国のクリニックでも数少ない「全症例の9割近くをフラップレス手術で行っている」クリニックです。

患者さんのためになる施術・カウンセリングを心がけており、フラップレス手術を推進するのもその思いがあってこそ。

「医療は絶えず変化するもの。だから自分の医院の診療もその変化に必ずついていく」という考えのもと、新しい技術を積極的に取り入れています。

監修者情報はこちら>

運営者情報

ヘルスケア編集部全研本社株式会社

歯を失った場合の治療として、主流になりつつあるインプラント治療。しかしフラップレス手術は、ネット上はおろか書籍でもまだまだ情報が少ない治療方法です。

「メスを使わないインプラント」は、我々患者にとってメリットが大きいはず。そこで当編集部は、フラップレス手術を前面に押し出している医療法人社団明敬会に取材を申し込みました。

運営者情報はこちら>