心疾患でもインプラント治療は受けられる?

監修医より

心疾患でもインプラントができる場合があります

インプラント治療は、外科的治療を必要とするため、心臓に大きな負担がかかってしまうこともありますが、手術自体が危険なものとそうでないものがあります。普段からお世話になっている内科医の先生に相談し、病気のコントロールがきちんとできているのであれば、インプラント治療を受けることは可能です。心臓への負担を軽減しながら行うことができる静脈内鎮静麻酔をしている歯科クリニックがおすすめ。まずは、かかりつけの内科医の先生としっかりと相談することが重要です。

滝澤理事長の在籍する
クリニックHPを見る

滝澤聡明理事長 滝澤聡明理事長
医療法人社団明敬会 滝澤理事長

心疾患とは

心疾患とは、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患をはじめ、不整脈や心不全、心臓弁膜症、心筋症、先天性心疾患といった心臓で起きる病気の総称です。

私たちの心臓は、1分間に約70回、1日にすると約10万回も収縮と拡張をくり返し、血液を全身に送り出しています。このハードな運動を行っているのが、心臓の筋肉、つまり心筋です。

心臓をとりまく冠動脈は、その心筋に酸素や栄養を供給しています。ところが冠動脈に動脈硬化などの症状が起こってしまうと、血液の通り道が狭くなったり、場合によっては血栓ができて詰まってしまうことも。そうすると心筋に酸素がいかなくなり、強い痛みをともなう発作が起こり、急速に心臓の機能が停止してしまいます。心臓に十分な血液が行き渡らないため、引き起こされる病気なので虚血性心疾患と呼ばれます。代表的なものとして挙げられるのが狭心症と心筋梗塞です。

動脈硬化などの理由で冠動脈が狭くなってしまうのが狭心症、さらに状態が悪化し血液の塊ができてしまって閉塞し、完全に血流が途絶えてしまうのが心筋梗塞となります。

心疾患患者がインプラント治療を受けられない理由はありますか

心疾患は、手術中に合併症の発生を引き起こす可能性がある危険な疾患であるとともに、手術操作を誤る恐れのある状態とされています。そのため、心疾患を抱えている人は、外科的治療を必要とするインプラント治療を受けられないことが考えられます。

また、心疾患を発症している人は、糖尿病などの合併症を患っている可能性が高いため、医師としては慎重な判断が必要になるため、インプラント治療を断られることが多くなっているのです。

インプラントをできるようにするにはどうしたらいいですか?

1998年に発表された論文「インプラント治療部への新来患者に関する臨床統計的検討」によると、心疾患や糖尿病といった全身的な疾患だけを理由に適応しないと判断した症例はなかったとされています。また、デンタルインプラントを中心とした学問を取り扱う専門の学術団体の1つ、「日本口腔インプラント学会」が発表している治療指針によると、虚血性心疾患そのものは、インプラント治療の予後に対する危険な要因ではないと示しています。さらに後遺症がない状態であれば、鎮静麻酔を使用することにより、インプラント治療が可能とも説明しています。

また臨床研究の結果を元にした「歯科診療所でのインプラント手術に対する静脈内鎮静法の検討」においては、手術を行う担当医が麻酔を理解した上で、麻酔科医が直接、麻酔を行うのであれば、インプラント治療は問題ないと指摘されています。ただし、こちらの論文では、既往歴などの申告がなかった患者もいるため、術前の問診を念入りに行ったことにより危険を回避できたとの見方もあります。

これらのことを総合すると、心疾患があるからといって必ずインプラント治療を受けられるわけではないが、手術によるリスクが増えるため、まずは内科医によく相談し、その後、歯科医師にも自分の体のことを正直に話すことが重要です。

免責事項

医療法人社団 明敬会

タキザワ歯科クリニック

03-3685-1444

湘南藤沢歯科

0466-37-3090

一般的な費用相場

190,000~400,000円程度(税抜)

※インプラント1本の埋入価格

【インプラント治療にかかる期間】

インプラント治療にかかる期間は、平均6ヶ月~12ヶ月。

主なデメリット

歯茎の骨の形状、神経の走り方によって受けられない人がいる。

監修者紹介

滝澤聡明

滝澤 聡明医療法人社団明敬会 理事長

滝澤理事長の運営するクリニックでは、全国のクリニックでも数少ない「全症例の9割近くをフラップレス手術で行っている」クリニックです。

患者さんのためになる施術・カウンセリングを心がけており、フラップレス手術を推進するのもその思いがあってこそ。

「医療は絶えず変化するもの。だから自分の医院の診療もその変化に必ずついていく」という考えのもと、新しい技術を積極的に取り入れています。

監修者情報はこちら>

運営者情報

ヘルスケア編集部全研本社株式会社

歯を失った場合の治療として、主流になりつつあるインプラント治療。しかしフラップレス手術は、ネット上はおろか書籍でもまだまだ情報が少ない治療方法です。

「メスを使わないインプラント」は、我々患者にとってメリットが大きいはず。そこで当編集部は、フラップレス手術を前面に押し出している医療法人社団明敬会に取材を申し込みました。

運営者情報はこちら>