切らないインプラント施術
フラップレス手術のすべて

         医療法人社団明敬会の滝澤理事長の顔写真 【サイト監修】
医療法人社団明敬会
滝澤理事長

切らないインプラント施術
「フラップレス手術」の
すべてが分かる

フラップレス手術はネット・書籍ともに情報の少ないインプラント施術法。
そんなフラップレス手術の情報をインプラント施術の9割近くをフラップレス手術で対応されているドクターによる監修で、どこよりも詳しく、より正確な情報をお届けいたします。

そもそも
フラップレス手術とは?

滝澤理事長_横向き

歯科医の技量が問われる
“メスを使わない”インプラント

フラップレス手術とは、メスを使わない無切開インプラント施術のこと。切開・歯肉の剥離を行わないため、痛みや腫れ、出血が非常に少ない手術といわれています。

ただし、歯肉を切開する従来の方法であれば骨の状態を肉眼で確認できますが、フラップレス手術は切開を行わないので骨の状態を肉眼で確認できません。そのため、骨の状態を正確に把握したうえで施術を行わなくてはならず、CTスキャンなどの検査機器はもちろん、医師の技術力も求められます。

インプラントの治療前は、手術や痛みを不安に感じられる方が多くいらっしゃいますが、フラップレス手術はそうした患者様の不安に応えられる施術方法といえます。インプラントをお考えの方は、ぜひ検討してみてください。

通常手術とフラップレス手術の違いを流れで確認

通常のインプラント手術
フラップレス手術
メスで切開

メスで切開する

歯茎に小さい穴をあける

パンチ、バーなどで歯茎に小さい穴をあける

歯茎の切開が行われないことで、出血を抑える、手術回数の削減が可能

歯茎と骨を剥離

器具で歯茎を骨から剝がして、骨面が直視できるようにする

無し

剥離(骨から歯茎をはがすこと)は無し

剥離による出血・腫れを防ぐことができる。

ドリリングと埋入_通常インプラント

ドリリング → 埋入

ドリリングと埋入_フラップレス手術

ドリリング → 埋入

歯茎の切開と剥離がない為、出血が最小限で済む

ドリリングした後の様子_通常インプラント

埋入後、キャップを歯茎の下に入れる2回法が多いため、4~6か月後の2次手術(再度切開・縫合)が必要

ドリリングした後の様子_フラップレス手術

埋入後、キャップを歯茎の上に出す1回法が多いので、4~6か月後の2次手術(再度切開・縫合)が不要な場合が多い

縫合

縫合

無し

縫合は無し

  • 手術後、1~2週後に抜糸が必要
  • 4~6か月後の2次手術(再度切開・縫合)が必要
  • 抜糸無し
  • 4~6か月後の2次手術がほとんど不要

滝澤理事長に聞く!
フラップレス手術の
メリット・デメリット

メリットのイメージ画像

フラップレス手術のメリット

フラップレス手術の最大のメリットは歯茎を切らないこと。

歯茎を切らないことによって、通常のインプラント施術よりも痛みや腫れを防げたりという患者さんにとってのメリットが多くあります。

その他にも、歯茎を切らないことで、今までインプラントをできないといわれてきた方たちがインプラントを受けられる可能性も出てきます。

詳しく見る

デメリットのイメージ画像

フラップレス手術のデメリット

医師の技量が直結する点がフラップレス手術の最大のデメリットといえるでしょう。CTやサージカルガイドなどさまざまな機器で患者さんの骨にどのように穴を開けるかを考えますが、機器の誤差もほんの数ミリの世界ですが、起こりえます。

最終的には、医師の技量をしっかり見ることで防ぐことができるデメリットではあります。

詳しく見る

滝澤理事長に聞く!
フラップレス手術が
できる人・できない人

できる人のイメージ画像

フラップレス手術ができる人

フラップレス手術は、外科手術の基本である直視をしない施術であるため、できる人の条件がいくつかあります。

まず大前提として、全身疾患などの既往歴がないこと、成人であること、歯周病になっていない人。

最終的には、CTを撮ってみないと判断できない部分も多いので検討中の方はぜひクリニックでCTを撮ってもらい、カウンセリングを受けてください。

詳しく見る

できない人のイメージ画像

フラップレス手術ができない人

フラップレス手術に限らず、通常のインプラント施術をすることが難しい方の特徴は、骨の状況にあります。

歯茎を切開する場合は、直接見て確認できるため問題ありませんが、直視しないフラップレス手術の場合は条件によっては難しい場合があります。

これは、CTで確認してみないとわからない部分ですので、カウンセリングをおすすめします。

骨を補てんする方法でフラップレス手術を行える可能性もあるので、ぜひ相談をしてみてください。

詳しく見る

フラップレス手術をする
歯科の選び方

フラップレス手術は、歯肉の上から骨を見ずに行います。そのため、他のインプラント手術以上に、歯科医師の経験や高度な技術が求められます。CT撮影による精密検査、コンピューターによるシミュレーションといった念入りな診断が不可欠です。

だからこそ、歯科の選び方としては、実績が多く、知識も豊富であるところが望ましいでしょう。まずWEBサイトにおいてフラップレス手術をしっかり説明しているかを見てみましょう。フラップレス手術は歯科医師の技術力が求められ、さらに通常のインプラント施術よりも時間がかかることから推進していないクリニックも多くあります。

インプラントは術後に定期的なメンテナンスが必要なので、手術が終わっても何十年と長い間付き合っていくことになります。治療前には患者とのコミュニケーションをしっかりとはかり、こちら側の気持ちを理解してくれるかどうかをチェックすることをおすすめします。

さらに、アフターケアも充実していると、メンテナンスをお願いするうえで、数十年後に何かあっても安心です。

フラップレス手術で
見るべき
クリニックの
選び方を見てみる

サイト監修者紹介

滝澤聡明

滝澤 聡明医療法人社団明敬会 理事長

滝澤理事長の運営するクリニックでは、「全症例の9割近くをフラップレス手術で行っている」クリニックです。

患者さんのためになる施術・カウンセリングを心がけており、フラップレス手術を推進するのもその思いがあってこそ。

「医療は絶えず変化するもの。だから自分の医院の診療もその変化に必ずついていく」という考えのもと、最新技術を積極的に取り入れることを心がけています。

監修者情報はこちら>

フラップレス手術への思い

滝澤理事長_横向き

患者さんの負荷を減らすことを突き詰めた結果がフラップレス手術でした

インプラントは歯茎を切るものと決まっているかのように、どの患者さんでも歯茎を切られていることに疑問を感じました。
骨の状態も良い簡単な症例なのに切るの?って。
切らない方が患者さんにとっての負荷は少ないので、切らなくていいなら切らない施術をしていこうという思いで、フラップレス手術での施術を行っています。
「患者さんのためになる施術」を行うがモットーですので、それを突き詰めていきたいのです。

滝澤理事長の理念を
詳しく見てみる

滝澤理事長が診療を行う
クリニック

東京日本橋デンタルクリニック

東京日本橋デンタルクリニックHPキャプチャ

住所
東京都中央区日本橋2-1-21 第二東洋ビル4F
診療時間
10:00~18:00(定休日:日・土・祝)
土:10:00~17:00
アクセス
地下鉄「日本橋駅」A7出口すぐ
JR線「東京駅」八重洲口より八重洲一丁目交差点すぐ

公式HPで
カウンセリング予約

東京日本橋デンタルクリニックに
問い合わせる

タキザワ歯科クリニック

タキザワ歯科クリニックHPキャプチャ

住所
東京都江東区大島3-3-3 サミービル1F
診療時間
月~金:10:00~15:00、16:00~18:00
土:10:00~13:00、14:30~18:00
アクセス
都営新宿線「西大島駅」より徒歩3分
JR「亀戸駅」より徒歩10分

公式HPで
カウンセリング予約

タキザワ歯科クリニックに
問い合わせる

湘南藤沢歯科

湘南藤沢歯科HPキャプチャ

住所
神奈川県藤沢市辻堂新町 ミスターマックス湘南藤沢ショッピングセンター2F
診療時間
月~土・祝:10:00~19:00
日:10:00~17:00
アクセス
JR「藤沢駅」よりバスで約10分
JR「辻堂駅」よりバスで約11分

公式HPで
カウンセリング予約

湘南藤沢歯科に
問い合わせる

免責事項

【監修】医療法人社団 明敬会

  • タキザワ歯科クリニック
    03-3685-1444
  • 湘南藤沢歯科
    0466-37-3090
  • 明敬会 東京日本橋デンタルクリニック
    03-6262-7996

【インプラントの費用相場】

190,000~400,000円程度(税抜)

※インプラント1本の埋入価格

【インプラント治療にかかる期間】

インプラント治療にかかる期間は、平均6ヶ月~12ヶ月。

【インプラント使用時の注意点】

歯茎の骨の形状、神経の走り方によって受けられない人がいる。